WEBがなぜ大事なのかをあらためて考えてみる

「WEBって大事そうだけど、、、」と言いながら、後回しになってしまいがち。
僕も更新しているブログは札幌メンズヨガ.com(それすら2ヶ月も止まってる)だけだし、SNSのつぶやきさえもあまりしない。どの口でWEBが大事というのだろう。


リアルの活動もネットの活動も表裏一体

ただ僕が思っているのは、WEBを使わないという選択肢は損をするということ。
「ネットはよくわからないから」とあまり触れないのももったいないと思うし、だからと言って「ホームページを作ればお問い合わせがバンバンやってくるんでしょ」というのも違っていて。

リアルでの活動も、ネットでの活動も、あくまで自分自身の裏表でしかない。ネット上で自分をすごい人のことのように見せることもできるし、すごい人と会った、素敵な場所に行った、おしゃれな自分を見せる、それは確かに一つの真実かもしれない。

けれど、実際に会ってみたときに本物かどうかは見抜かれてしまう。そして、そうした嘘はいずれ広まってしまうのです。だから等身大の自分を見せることが大事だと思うし、自分自身も心地よくいられると思います。


「知っていそうなんだけど、実は知らないこと」を広めてくれる

僕がヨガをやっていることは知っているだろうか。
実はもう2年近くもヨガを続けているのです。気持ちをリセットしたいと思った時にヨガがタイミング良くやってきて、知らず知らずにうちに惹かれてしまいました。普段からしていることの精度が高くなれば、自然と人生の質も良くなっていくのではないかと考えて、ヨガを通じて様々な気づきを与えてもらいました。

そうしてヨガで気づいたことを自分のなかに留めておくのではなくて、札幌メンズヨガ.comというブログで発信することにしました。いまでは毎日たくさんの人が訪れるようになり、時にはfacebookでシェアされたこともありました。

これはもともと僕のなかにあった思いでしかありません。
周りにいるヨガを一緒にやっている人たちも、僕がこんな考えを持っていたなんて知らなかったかもしれません。それをブログに書いてインターネット上で公開すると、僕の書いた記事が勝手に読まれて、僕の考えが勝手に知られるようになるのです。そして中にはファンになってくれた人もいるかもしれません。会ったこともないのにね。

僕がヨガをやっていることは知っている人も多いのですが、どんな思いを抱いているなんてあまり知られていないことです。WEBが大事だと言われるのは「知っていそうなんだけど、実は知らなかった」なんてことを広めてくれるからです。ヨガを題材に話しを進めてきましたが、これは飲食店でも、カメラでも、ビジネスでもなんでも同じことだと思います。


貴方にとっての当たり前は、周りの人にとって特別であること

貴方にとっては当たり前のことでも、周りの人たちにとっては当たり前ではないことがたくさんあります。それを言葉にして伝えてあげるだけで共感するところがたくさんあると思うし、そこに価値を感じてくれる人が出てくるのではないでしょうか。

WEBって自分自身の鏡だと思うのです。
自分自身が思っていることがたんぽぽのようにふわふわと飛んでいき、誰かのもとへと届く。それがいいと思ってもらえれば、人が自然と集まるようになるし、自分のことしか考えてないなら、みんなもそっぽを向いてしまうことでしょう。

WEBは気持ちを伝えるためのツールのひとつでしかありません。
しかも世界中の人に届けられる可能性をもっているのです。
その可能性をわかっている人は「WEBは大事」というわけですね。


「ホームページ」のセミナーをします

イベントに特化した一日集中講座をすることになりました。「イベント」「フライヤー」「カメラ」「ホームページ」に分かれていて、僕がホームページの講座でお話しします。こんな感じでWEBに対する考えから話していこうと思います。

詳しくはこちら↓
旅するデザイン室・イングッドテイスト「自分でイベントを開催したい人のための1日集中4講座”すぱるた”」

よく読まれている関連記事

次の記事:

前の記事: